近所迷惑なゴミ屋敷の片付けキーワードは孤独?

Posted on

片付けられないには孤独という深い事情があった?

近所迷惑なゴミ屋敷問題がメディアで取り上げられ、目にすることも多くなりましたが、ゴミ屋敷とはどんな家のことをいうのでしょうか。

ゴミ屋敷とは、あらゆる不用品が家屋の中や外、道路にまでに積み上げられ、そこかしこに溢れている状態のことを指します。家がゴミ屋敷になってしまうのには住人の心理が深く関わっています。たとえば物が捨てられない病気や精神疾患を抱えている、物に執着するこころが強いという人は、部屋の片付けが行き届かずいつの間にか家の中や外にゴミ(不用品)が溜まってしまい、ついにはゴミ屋敷化してしまうのです。

また、一人暮らしや、他人との交流が乏しい、という人は孤独感からゴミを集めてしまう傾向にあると言われています。ゴミに囲まれることでこころが満たされ疎外感や悲観的な気分が薄れるという心理が働くからです。家族や配偶者という親しい人との別れなどをきっかけに、さらにまた、ゴミを集め安心感を求めてしまうという悪循環に陥ることがあるのです。

ゴミ屋敷の解決に必要なこと

家をゴミ屋敷化から救う方法として、住人を孤立させない孤独にさせないことが大事だとされています。寂しさや不安感焦燥感など、そのひとの抱えている気持ちを汲み取り、周囲が積極的にコミュニケーションを取ることでもこころは安心し満たされるでしょう。満たされたこころにゴミは不要です。現代の病ともいうべきゴミ屋敷ですが、ゴミをためてしまう心理を知れば解決に導くことができるでしょう。

粗大ゴミ回収業者を依頼するときの判断基準として、料金体系の明確さや回収日時の指定の可否などがあげられます。