意外なストレス解消法とは!?健康的に生活する必要性

Posted on

生活リズムを整えることが大切

生活リズムが崩れていると、ストレスが増幅するので注意しましょう。不規則な生活が続くと心身が不安定になりやすいためです。例えば夜更かしをする人は睡眠時間が不足し、脳の活力や集中力などの低下を招くことがあります。脳が十分に休息を取られなくなると、常にイライラするという状況に陥りかねません。現在は多くのストレス解消法が提唱されていますが、大前提として生活リズムの改善は必須です。早寝早起きをする、1日3食を基本にする、適度に身体を動かす、といった当たり前のことを毎日続けます。生活リズムの乱れは慢性的なストレスや生活習慣病の原因にもなります。精神疾患の発症リスクも高めるので、不規則な生活から見直していきましょう。

定期的においしいものを食べる

おいしいものを食べているときは幸せな気持ちになれるでしょう。人は食事をしなければ生命活動を維持することができません。そして食べるのであれば、可能ならおいしいものを選びたいと考えるはずです。おいしいものは一般的に高カロリーで味付けが濃く、塩分や脂肪などが多く含まれています。例えば外食は味付けが濃いですが、これは栄養価よりもおいしさを重視しているからです。自分の好きなものを食べる行為は、それ自体がストレス解消法となります。ダイエットをしている人はストレスを溜め込みやすいですが、これは食生活において我慢を強いられるからです。ストレスを溜めないためには、食事制限をしている期間中であってもたまには好きなものを食べることが大切です。

心療内科を名古屋で受診するなら、脳波検査を元に精神疾患の診断を行う病院もあります。自費診療ですが、医療費控除の確定申告をすれば還付金を受けることが可能です。